ユニオンボーダーにコネクト!開発者ブログ

ユニオンボーダーの開発陣「チームコネクション」による開発者ブログです!ちょっとした情報をお届けします!

第55回「番外記事!チームコネクションのBJackで遊ぼう!!」

どうもこんにちは!

18日に更新予定でしたが、突然のことに告知する間もなく遅れました。チームコネクションのライジング白石です。今後は製作も益々盛んになることもあり、更新頻度が落ちるかもしれません…その時はご容赦ください。

今回は第55回!我々チームコネクションの活動もゴーゴー!!というテンションで参りましょう!

 

本日の記事はゲームマーケット2019秋で、チームコネクションが出展する新作「BJack」についてのお話。カードゲームはやったことないよ、といった方でも楽しむことができます。

 

 

【運命を変える「アルカナ」を操れーBJack】

f:id:unionborder:20191117234944j:plain

ブラックジャック式カードゲームを謳う「BJack」、このタイトルは当ブログで取り扱っている「ユニオンボーダー」とは異なり1つのセットを使ってみんなで遊べるゲームとなっています!パッケージひとつで最大6人まで遊ぶことができ、ちょっとした時間でも楽しむことができます!

 なお、BJackの「B」には「Black(黒)」「BigArcana(大アルカナ)」の2つの意味が込められており、この2つがヴィジュアルとゲームシステムに大いに反映されているのも特徴です。

 

【3ステップで覚える、BJackの遊び方】

BJackのルールはただひとつ、「相手との勝負に勝って、最後まで生き残る」こと。

そのためには「自分の手元の数字を21に近づける」ことが必要となってきます。そしてこのゲームは3つのステップを覚えてしまえばバッチリ遊べるので、カードゲームをやったことのない人でもすぐのめり込めることでしょう!(詳細は製品付録の説明書をご覧ください。)

 

⓪ゲームの準備

ゲーム中、カードを揃えて勝敗を判定するひと纏まりを「ラウンド」と呼びます。

各ラウンドの始めに、山札の上からカードを表向きで手元に置き、カードを1枚内容を見せないで持ち札(手札)に加えます。全員が準備できたら、そこからBJackが始まります!

 

①カードを引く

自分の手番の始めに、自分は山札の上から1枚を引くことができます。勿論引かいという選択肢もありますが、その時は自分の手番を飛ばします。自分の数字を増やしたり、「アルカナ」という特殊能力を発動させるためにはカードを引く必要があります。

もし引いたら後に退けないので、自分の手元にあるカード現在手札として持っているカードと相談しなければならないことでしょう。引くか引かないかはーあなた次第です。

 

②手元に隠す/アルカナを出す

自分の手札からカードを1枚、手元に裏向きで置くかアルカナとして表向きで出すかを選びます。

手元に置いた場合、以前置いた裏向きのカードの正体が判明します。置いたカードは自分しか分からない、その状態で相手と切った張ったの読み合いが展開されるはずです!

アルカナに置いた場合、カードに記述されている特殊能力が発揮します。ただし、アルカナにカードを置いたら新しく置くことができないので注意!自分の手元の数字や相手の出方をよく見て、どのアルカナを選ぶべきかを考えておくことがポイントです!

 

③勝敗を決める

もし①で誰も引かなくなって一回りしたら、ショウダウン(判定)開始!手元にある裏向きのカードを全て公開します。

まずはアルカナの能力を見て、その勝利条件を満たしているプレイヤーが勝利します。次に手元にあるカードに書かれている数字を数えて、その合計が21に近いプレイヤーが勝利します。ただしこの時に21を越えてしまったプレイヤーは強制的に敗北してしまうので、手元に置くカードはギリギリ21になるよう心掛けましょう!

 

 

【BJackのここが面白い!ライジング白石のオススメ】

そんなBJackですが、やはり製作陣としても遊んで貰いたいものです!ここで私ライジング白石から、簡単に2つ面白ポイントを紹介します!

 

・運命を変える「アルカナ」の概念!

ラウンドに1枚だけ手札から「アルカナ」としてカードを出すことができるというのは、先ほど説明しましたね?そんなアルカナこそが、このゲームを面白く・奥深く・そして自分を有利にさせる要素になっています!

このBJackに入っているカードは全て「数字」としての役割と「アルカナ」としての役割を持ち、引いたカードをどう使うかは全てプレイヤー自身に委ねられます。

f:id:unionborder:20191118203051j:plain  f:id:unionborder:20191118203122j:plain

例えば《A:愚者》は相手のボーダーラインを20にしてしまうような能力を持っていますし、《8:教皇》は全ての手元にある数字を1増やすといった能力を持っています。その他にも相手を邪魔したり自分が得したりできるような個性的なカードがぎっしり詰まっていますが…そこからは製品を開けてのお楽しみ!

つまり、BJackには本来のブラックジャックのセオリーが通用しないと考えてよいでしょう!運命を変えることができれば、誰でも勝利を掴めるチャンスが訪れるはずです!

 

・2人でガチバトル!/みんなでワイワイバトル!

BJackのゲームルールは至ってシンプル。しかしながら、卓を囲むプレイヤーの数に応じてこのゲームは面白いほどに表情を変えてしまいます!

もし2人で対戦するならば、それは相手との真剣勝負!どちらが21に近づくことができるか、相手のアルカナの出方を伺いながらカードを切る「緊張感溢れる」ゲームスタイルを要求されることでしょう!

そして人数が増えて3人以上で対戦する場合は、2人対戦でのセオリーは通じなくなることでしょう!自分が勝利を目指そうとするならば、他の人が邪魔をする。それが出来るプレイヤーが増えるほどに「カオスを楽しむ」ゲームスタイルとなっていくことでしょう!どんなプレイ人数でも遊べるBJack、是非とも楽しんで貰いたいと思います!

 

【新たな楽しみを求めよ】

f:id:unionborder:20191118001403j:plain

いかがでしたでしょうか?

今回の紹介記事で、BJackに興味を持っていただけると幸いです。

そんなチームコネクションがお送りするBJack、ゲムマ秋より2,000円で販売です。

11/23(土)【R24】のブースでお買い求めください!

f:id:unionborder:20191118001846j:plain

さらに今回、チームコネクションの製品購入者の皆様に「ユニオンボーダー」のプロモカードをプレゼント!TCGフェスでは配布できませんでしたが、今回のゲムマ秋からイベント配布を開始します。今回のゲムマ秋でもユニオンボーダーの構築済みデッキを販売します、こちらも是非ともチェックです!!

 

今回はここまで。次回のライジング白石の記事をお楽しみに!

では今週末のゲムマでお会いしましょう!!

 

 

チームコネクション

記:ライジング白石