ユニオンボーダーにコネクト!開発者ブログ

ユニオンボーダーの開発陣「チームコネクション」による開発者ブログです!ちょっとした情報をお届けします!

第45回「変幻自在の茨の嵐!緑青ブルームメイデン」

どうもこんにちは!

早いこともう7月、半年の折り返しとなりました!いかがお過ごしでしょうか、チームコネクションのライジング白石です。雨と暑さに負けず活動中!

 

来る7/14(日)、東京でユニオンボーダーの体験交流会が開催されます!まだユニオンボーダーで遊んだことない方もそうでない方も、是非とも遊びにきていただければと思います!東京では製品化後初の個人イベントになります、これを機に多くのプレイヤー様に楽しんで頂ければと思っています!

 

今回はユニオンボーダーの製作者が実際に作成したデッキを紹介!前回のデッキ紹介では赤と黄の2色を紹介しましたが、今回も2色のデッキを紹介します。色を組み合わせることで今までに無かったムーブメントが可能となるのはこのゲームの醍醐味です!

 

 

キャラデッキ(5枚)

f:id:unionborder:20190705161526p:plain

 

メインデッキ(50枚)

f:id:unionborder:20190705161556p:plain

(※このデッキレシピはTTS Deck Editorで作成しています。)

 

アイコンを持つカード

[G]:10枚、[C]:5枚、[S]:0枚、[J]:2枚

 

手札をも狩り尽くす、嵐を操る花乙女!!

攻撃力:★★★☆☆

防御力:★★★★☆

妨害性:★★★★☆

難易度:★★★★☆

 

このデッキはチャージと設置を操ることが得意な《ブルームメイデン》に、手札を操作することが得意な《シュトロムシーフォーク》のカードを組み合わせた2色デッキ!豊富なチャージを用いて、相手の手札を削り尽くします!

ユニオンボーダーにおいて、「カードを組み合わせる強み」「その色を使用する意義」を学ぶことができるはずです!

 

運用1:チャージを溜めて攻撃の準備!

f:id:unionborder:20190115210007j:plain  f:id:unionborder:20190705162854j:plain

 【ブルームメイデン】の得意技、それは多くのチャージを獲得すること。このデッキには戦旗を含め、5種類のチャージカードが採用されています。《花乙女の祝福》は状況を選ばない2枚チャージするスペル、《メニーメニー・オクサリス》は「設置」の数だけチャージが可能です!戦旗は0コスト「設置」なので、3枚チャージも非常に満たしやすくユニオンのコンセプトと非常にマッチしています!純粋に戦旗を増やせるのでチャージ回しがよくなること、それが多色のメリットでもあるでしょう!

 

運用2:強力コンボで手札を破壊せよ!

f:id:unionborder:20190507195624j:plain  f:id:unionborder:20190705162534j:plain

チャージを溜めたら、早急にビッグアクションを始めましょう!《戦艦、エクスマリナ》は登場時に2枚手札を奪うことのできる「設置」カード。これを【ブルームメイデン】のUniqueカード《生まれ変わる景色》と組み合わせると強力な手札破壊を実現することができるのです!《生まれ変わる景色》の能力で《戦艦、エクスマリナ》をチャージに置いて、プレイコストが4以下の「設置」をチャージから設置ゾーンに出す ―先ほど能力でチャージに置いたエクスマリナを再展開する、そして手札を2枚破棄させる…つまり5枚のチャージで相手の手札を最大4枚も奪えます!

相手の手札がなくなった場合は、チャージを保証するための《チキンエッグ・プラント》や相手の起動型・対抗型能力を封じる《マスキップ・ケージ》に交換して優位に立ち続けましょう!

 

運用3:茨の迷宮に放り込み敵を討て!

f:id:unionborder:20190707201531j:plain  f:id:unionborder:20190707201621j:plain

相手の手札リソースを枯らしたら、後は相手を縛り上げるまで!《グラスロック・トラップ》は相手の攻撃を無効にすることができます。切り札である《罠にかかりし者の末路》は相手をスタンさせつつ、運がよければブレイク数を増加させて一気にトドメを刺すことができるはずです!

チャージを華麗に操り、着実に勝利を目指しましょう!!

 

 

自分だけの技を探してみよう!

いかがでしたでしょうか?混色デッキというのは、単色と違ってまた違ったゲームを体感できるのが最大のメリット!カードの中にはまだまだ考察し甲斐のあるカードで満ちているはずです、是非とも自分だけのアンサーを探し出してみてください!

 

今回はここまで。次回のライジング白石の記事をご期待ください!

ではまた!